Gibberish Man

今までの経験からの情報発信。英語、遊び場、お得な情報、海外、旅行、食べ物などいろん話。

すくもとは、発酵させて作る染料、それを固体化したのが藍玉!!!ドラマ『青天を衝け』第3話

 

NHKホームページから

すくもとは、発酵させて作る染料、それを固体化したのが藍玉!!!ドラマ『青天を衝け』第3話

大河ドラマ『青天を衝け』第3回が2月28日の夜8時からスタートします。主人公は渋沢栄一です。

 

渋沢栄一は、2024年度前半に新しく日本の紙幣の新1万円の人物となる人です。実は、韓国の最初の紙幣にも渋沢栄一であったそうです。 

どのようになってそこまで有名になった方なんでしょうか。

 

 

すくもとは、発酵させて作る染料、それを固体化したのが藍玉!!!

 葦 (あし) 萱 (かや) などの枯れたもので、の葉を原料として作られた染料、これを固形化したものが「藍玉」と言います。ドラマの中でも、みんなが臭い臭いと言っていたのは、発酵させてる時には、アンモニアの臭いニオイがします。ただ発酵が終わりだんだんとニオイがなくなり、土のニオイになっていきます。

いいすくもとは、青色が美しくて長い間染められるものを良いとされてました。

 

青天を衝け第3回ストーリー

栄一の村では、みんなで「すくも」を作り、すくもを液状にすると青色になり、その色の出来で良い物かを決めます。

栄一は初めて父と一緒に江戸に行き、江戸の風景が全然違うことに驚きました。活気もあり人も多く、栄一は興奮してました。

江戸では、家慶がなくなり、次期将軍候補に!!!

しかし、家慶は将軍になる気もなかった。

栄一は単独で、こやしを買いに行き、最初は認められなかった、栄一も父に認められ商いの楽しさを知りました。

 

 

 

 

『青天を衝け』の脚本 演習

脚本 大森美香 演出 黒崎博 

『青天を衝け』出演者

演出 ・渋沢栄一 吉沢亮

    子供時代 小林優仁

   ・渋沢士郎右衛門『栄一の父』 小林薫

   ・渋沢ゑい『栄一の母』 和久井映見

   ・渋沢なか『栄一の姉』 村川絵梨

    子供時代 小田菜乃葉

   ・渋沢てい『栄一の妹』 藤野涼子

    子供時代 吉田 帆乃華

   ・渋沢喜作『栄一の従兄』 高良健吾

    子供時代 石澤柊斗

   ・渋沢よし『喜作の妻』 成海璃子

   ・渋沢宗助『栄一の伯父』 平泉成

   ・渋沢まさ『栄一の伯母』 朝加真由美

   ・尾高惇忠『栄一の従兄』 田辺誠一

   ・尾高長七郎『栄一の従兄』 満島真之介

    子供時代 須東煌世

   ・尾高ちよ『栄一の従兄』 橋本愛

   ・尾高平九郎『栄一の従弟』 岡田健史

   ・尾高きせ『惇忠の妻』 手塚真生

   ・尾高やへ『栄一の伯母』 手塚理美

   ・高島秋帆『砲術家』 玉木宏

   ・利根吉春『岡部藩代官』 酒向芳

   ・真田藩之助『剣術家』 板橋駿谷

   ・大橋訥庵『儒学者』 山崎銀之丞

   ・徳川斉昭『水戸藩主』 竹中直人

   ・吉子『慶喜の母』 原日出子

   ・徳川慶喜『7男そちの将軍』 草彅剛

   ・美賀君『慶喜の正室』 川栄李奈

   ・徳信院『慶喜の養祖母』 美村里江

   ・平岡円士郎『慶喜の側近』 堤真一

   ・平岡やす『円士郎の妻』 木村佳乃

   ・藤田東湖『斉昭の側近』 渡辺いっけい

   ・武田耕雲斎『斉昭の側近』 津田寛治

   ・藤原小四郎『東湖の息子』 藤原季節

   ・徳川家慶『第12代将軍』 吉幾三

   ・徳川家定『第13代将軍』 渡辺大知

   ・篤君『家定の正室』 上白石萌音

   ・歌橋『家定の乳母』 峯村リエ

   ・井伊直『大老』 岸谷五朗

   ・阿部正弘『老中』大谷亮平

   ・堀田正『老中』佐戸井けん太

   ・川路聖『勘定行』平田満

   ・永井尚志『海防掛』中村靖日

   ・松平慶永『福井藩』要潤

   ・橋本左内『福井藩士』小池徹平

   ・マシュー・ペリー『米国海軍軍人』モーリー・ロバートソン

 

まとめ

青天を衝け第3回目が放送されました、『すくも』という物事態知らなかったんですが、テレビを見ることで、昔の人はこのように、青色を作っていたんだと思いました。

これからどのように栄一は、お札の肖像画になっていくのか楽しみです。

 

 

さらに晴天を衝けを見逃してしまった人はこちらから見ることができます。

是非1回目から見てください。